• ホーム
  • ネット販売のED治療薬女性用バイアグラは本物?

ネット販売のED治療薬女性用バイアグラは本物?

2019年10月01日

個人輸入で販売されるED治療薬の一つに女性用バイアグラがあります。
女性の感度を高めるのが目的の薬ですが、ED治療薬の製造元では販売していない薬です。
ネット上で見かける女性用バイアグラは、すべて偽物というわけです。
先発薬に存在しない薬である以上、本物が存在する可能性はゼロです。

そもそもED治療薬とは、勃起力が不足しているペニスを立たせるものです。
性行為は男性のペニスが硬くなれば、普通に行えるはずです。
女性の陰核が大きくなっても、男性が挿入することと何ら関係はありません。
ED治療の専門クリニックの医師に女性用バイアグラが本物かどうか聞いても、100%偽物だと言われます。

本物ではない薬が出回っている理由は、ネットの情報を信用してしまう方がいるからです。
ED治療薬を例にしても、個人輸入で販売される約60%は偽薬というデータが出ています。
これはジェネリックにも言えることであり、クリニックよりも格安という理由で安易に個人輸入を利用してはいけないのです。
ただし、40%は本物の薬なので、本物のみ販売する個人輸入代行業者から購入するなら問題はありません。

女性用バイアグラに関しては、健全な業者では取り扱いしていません。
女性にはバイアグラは不要であり、医師に相談しても服用できないと言われて終わりです。
服用すれば身体がほてることで、感度が高まるように錯覚する女性もいるそうですが、体験者が極端に少ないので信ぴょう性のある情報とは言えません。
バイアグラは医師の処方薬であるため、医師の許可を得られない状態で服用すると、重大な事故を引き起こす可能性があります。
個人輸入の利用は完全なる自己責任なので、偽薬を飲んで健康障害が生じても、責任はすべて自分にあります。
それでも購入を検討している場合は、初めての方向けのバイアグラの購入方法が分かるサイトもあるため、ぜひ一度参照してみると良いでしょう。

関連記事
健康食品でも治らないEDにED治療薬を

勃起不全に悩む方は、年齢のせいだと考えたり、今は仕事が忙しくて疲れているだけだと考えがちです。実際に忙しくなると、ベットに入る時間も遅くなったりパートナーとの生活もすれ違ってしまうことが多いため、セックスの回数は減少してしまうかもしれません。ただしそれに隠れてEDの症状が起こっていることもありますの...

2019年10月31日
男性更年期障害のED治療薬

更年期障害は女性特有のものと思われがちですが男性更年期障害というものもあります。うつ病になってしまったり勃起不全になる事もあるのです。勃起不全になると年齢のせいなのかと思われがちですが男性更年期障害を乗り越えればまた男性機能が回復する場合もあります。しかし乗り越えられたとしても今後は老化により勃起不...

2019年09月08日
早漏症も通販のED治療薬で改善

性行為の最中にすぐ射精してしまう早漏は、コンプレックスに感じる男性も多いでしょう。そのため、自分でトレーニングをして、早漏を改善しようと努力する男性もいます。しかし、早漏はPremature Ejaculationとも呼ばれ、早漏症といわれる病気です。適切な治療や薬を飲むことによって、早漏症は改善す...

2019年08月12日
特に注意すべき向精神薬の不正売買

インターネットの通販などで向精神薬の不正売買が行われています。特に注意すべきは海外輸入の医薬品です。海外輸入品は偽物が多く氾濫し、万が一、偽物を服用してしまうと偽物にはどのような成分が配合されているかがわからないので、生命の危険にさらされる場合があります。通常、向精神薬は強い医薬品なので市販は行われ...

2019年07月24日
薬の不動在庫をネットで売るサイト

世の中には沢山の医薬品がありますが、実はその多くは使われていません。そのようなものを薬の不動在庫をいい、そういう使われていない薬をネットで売るサイトがあります。このようなサイトは最近できた所が多く、薬局などで余っている薬を買取っています。そして買取った薬を、別の業者に売るビジネスをしています。こうい...

2019年06月24日
医薬品の不動在庫とは

不動在庫とは、仕入れてから長い間、売れないままで残っている商品のことです。在庫管理のために費用がかかりますし、消費期限が来れば廃棄しなければならず、経営にとって良いことは何もありません。医薬品の不動在庫は、ずっと特定の薬を使っていた患者が転居したときや、薬局の近所の病院が薬の処方を変えたときなどに発...

2019年06月07日
薬の個人売買、購入者も有罪?

薬には、医師の処方箋がなければ手に入れることができないものと、処方箋がなくても購入できるものとがあります。後者に関しては、ドラッグストアなどで市販されているため、もちろん販売することも購入することも違法ではありません。しかし前者に関しては、医師の処方箋を持っていない人へ販売することは、違法とされてい...

2019年05月26日